FC2ブログ
2chのスレを主に紹介。おもしろ動画や画像もあるYO
漫画 | AA | 生活 | アニメ | アダルト | ゲーム | TV | 未分類 | ニュー速 | 2chスレ | 痛いニュース | 爆笑動画 | ネタ | ニコニコ | 
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ランキング
相互リンク様

Youtube系
ネタノート
爆笑YouTube
ピヨ速。
爆笑!衝撃!をお届けYouTubeハンター
Youtubeブログde紹介
YouTube的面白動画
極上ネタブログ
神爆笑.com
ゲーム動画通信
Youtube観測所
YouTube名作劇場
YouTubeだよ!全員集合~!
動画丸ごと一週間
ユーチューブ(youtube) -お笑い動画大好き
YouTube情報ツー
YouTubeおもしろブログ
おもしろフラッシュ倉庫・おもしろムービー集
OneLove -爆笑動画ニュース-
面白学校
ネログ( ?Д?)
YouTubeの無料アニメリスト
OMOBOROG~オモブロ~
史上最強の動画ウォッチ
爆笑動画!しげろぐ
Video Navig
特選お宝YouTube
3時のおやつ今日のYouTube
ようつべアニメYouTube漫画動画
あっ、YouTubeでした…
ニコニコ動画のブログ~猫飯~
H.J.TIME
◆たらすこの部屋
二次元でYouTube
YouTubeゲーム&アニメ動画
洋楽・邦楽TUBE
2ch系
AAなにっき....〆ミ・д・,,ミ
ハム速2ログ
ちょwおまwww
てらわろすにっき
何でもありんす
( ;^ω^)<へいわぼけ
簡潔にまとめるよ( ´Д`)
アルファルファモザイク
チラ裏NEWS..._〆
ネタなべ。??(・ω・ノ)ノ
ぺぺねた。
あにゅ~る
知らんがな(´・ω・`)ブログ
ツンもワラタ
ニュース狂 キタワァ(n’∀’)n
ニュー速終わったな
面白蛇屋
セオレム
ピカップニュース
東京エスノ
芸能系
芸能アイドルTUBE
Johnnys tube
エンタメDEEP
芸能アイドル動画にゃーす
お宝アイドル芸能Youtube動画館
ゲーム系
ろばブロ
YouTubeゲーム動画情報局
☆ゲームで一休みしませんか?☆
みやのブログ+ゲーム
神業!最速!スーパープレイゲーム動画
その他
パチ・スロ動画館
ねこ様NEWS
未定なブログ
パチ&スロが大好き
お宝調査隊
心に残る名言集
blg.p0k.net
NoTechnoNoLife

フリーエリア

ブログパーツ

ユーザータグ
ぽっちんがみてる
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
プロフィール

ぽっちん~

Author:ぽっちん~
2chスレやYoutube動画ニコニコ動画などを貼ってきます。

リンクはフリーです。相互リンク、相互RSS希望の方がいましたら先にリンクや、RSS登録した上でメールフォームからお願いします。
m(_ _"m)ペコリ
『お知らせ』
久しぶりに再開しますw(´・ω・`)


にほんブログ村 お笑いブログへ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

2ちゃんねる関連リンク・2ちゃんねらオンリ検索エンジン2ちゃんねる関連リンク・2ちゃんねらオンリ検索エンジン
応援1クリックお願いします

はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加
livedoor Readerに登録

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
最新ニュース

ブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
更新情報
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.12.08 Fri
学生時代のエッチな思い出
1 :犬 :2006/05/15(月) 20:39:59 ID:UbPYf/630
【ローカルルール】
① 学生時代のえっちな思い出をカキコしてください。
面白ければネタだろうが妄想だろうが大歓迎!
実話だろうがネタだろうがカキコする人がやる気をなくすレスはやめましょう。
② 長編を書かれる方は
トリップを必ず付けsageで書き込みましょう。(業者広告と騙り防止)
あらかじめワードなどに書き込んでおいて一気にコピペうpしましょう。
※ IDが変わる前に必ずトリップをつけましょう。
③ 過去ログになっても楽しく読めるスレにみんなで育てましょう。
④「続き読みたいですか?」「支援あれば書きます」禁止



2 :犬 :2006/05/15(月) 20:44:31 ID:UbPYf/630
中学生時代に当時好きだった女子に「エロ本もってるの?」などと聞かれ
チンコサスラレタ。夏休みになってその女子とセクロスした。


3 :えっちな21禁さん :2006/05/15(月) 20:51:07 ID:UbPYf/630
体育の時間にいきなり男子が「マンコグチョグチョにして~」と叫んでいた


4 :えっちな21禁さん :2006/05/15(月) 21:34:29 ID:f6ZyEgW7O
高一のときクラス(いや学校)一の美人の隣の席になったとき、その娘がやけに股開いて座ってたり、やけに太ももの根元付近までスカートから露出して座っていたりした事があった。
どうやら俺へのアピールだったらしい。
その娘の後ろの席だったとき、その娘はスカートが結構短かったので、立ったらチラッと下にはいてる黒いブルマーが見えたことがあった。
どうやらそれも俺へのアピールだったらしい。



5 :ななす :2006/05/15(月) 22:23:49 ID:VRLsWGD8O
吹奏学部だったから鍵借りて第一(旧)音楽室でよくやってたなぁ。


6 :えっちな21禁さん :2006/05/15(月) 22:42:54 ID:r/Q4sfaf0
高校時代、ネットも携帯もなかった
エロ本買っても肝心な部分は全く写ってない(毛も)
実際どんな風になっているのか興味心身だった

高1の時共学の学校にも拘らず俺は男子クラスだった
彼女はできなかったが親友二人といつもつるんでいた
親友のうちの一人は既に彼女がいて男になっていた
ある時彼のうちに泊まった時「俺、女の裸見たことない。生で見てみたい」
というと、しばらく彼は黙った後、「俺の彼女でよければ見るか?」と言った
「いいのか?」と聞くと「内緒にするのが条件だぞ」との事


7 :えっちな21禁さん :2006/05/15(月) 22:48:36 ID:r/Q4sfaf0
彼は両親の所有するアパートの一室を自分の部屋として使っており、自宅からは歩いて三分ほどの距離ではあるが
親の目から離れていたため彼女を度々部屋に入れていた
彼女は中学からの同級生であり(俺らを含めて同じ学校出身)近所に住んでいた
俺らが来ることを知っていたため、夜九時過ぎに(塾帰り)彼の部屋に寄った



8 :えっちな21禁さん :2006/05/15(月) 22:49:14 ID:Li4GGQDjO
ドドインドインドイーンwwwwwwwwwwwwwwwwwww


9 :えっちな21禁さん :2006/05/15(月) 22:52:54 ID:/F0o02fgO
憧れの先輩が学校で朝にHしてた…
駅弁??
って体位だった…
すごい激しかった。

その先輩と今付き合ってる…
見てたなんて絶対言えない…



10 :えっちな21禁さん :2006/05/15(月) 22:54:45 ID:r/Q4sfaf0
俺ら二人はベランダに出て彼女が来るのを待っていた
彼女は部屋にはいると「あれ二人は?」と彼に聞いた
「ああ、今日は帰ったよ」と言うと彼女をいきなり抱きしめた
「忘れ物して戻ってくることない?」とか言っていたがすぐに俺たちの見たことのなかった
エッチな顔になっていった
彼は手際よく彼女を脱がすと俺らの見えるほうに彼女の足を開き観察させてくれた

次に彼女とあった時それまでボーイッシュなイメージだったのが一気にエッチなイメージになってしまい
なんか目を見て話すのが恥ずかしくなってしまった


11 :a:2006/05/17(水) 19:45:04 ID:BJGi+Ru90
度々度々


12 :えっちな21禁さん :2006/05/18(木) 00:11:17 ID:cP/IO7l50
http://sakura999.blog45.fc2.com/
エロイねたです。



13 :えっちな21禁さん :2006/05/23(火) 15:04:30 ID:0pH8YT940
 


14 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/27(土) 17:39:07 ID:ME29rViiO
ここに書いてもいいかな?
初めて付き合った彼女の話です。

小学校の時の同級生S子、顔は並よりは上くらいだけど、割と背が高く、ポチャでもガリでもなくスタイルはかなり良く、そして何より運動神経は抜群に良かった。
私は走るのは平均よりチョイ上だったけど、とにかく余裕で私より早かったし、水泳、腕相撲、とにかく基礎体力と運動能力では、何やっても勝てなかった。
でも、男勝りな性格ってわけではなく、どちらかと言うと物静かな聞き上手なタイプだった。
その時は、S子とは仲の良いクラスメイトの一人だった。
6年の時、彼女からチョコを貰ったけど、義理ってしっかり書いてあったので、まあ普通の友達だったと思う。



15 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/27(土) 17:40:39 ID:ME29rViiO
中学に入り、2年の時にまたS子と同じクラスになった。S子はバスケ部、私はサッカー部だった。同じクラスになってから、再びちょくちょくS子と話すようになった。
いろいろ話してる内にいつか恋心を抱くようになった。彼女をみてはいろいろ話してた。とはいえ、その頃はセックスも知らないオクテだったので、話してるだけ、一緒に居るだけで満足だった。周りにはバレバレで冷やかされたりもしたけど、全く気にならなかった。
彼女も色々冷やかされてたらしいが、あまり気にしてなかったらしい。秋にクラス1の男前が告白したらしいがフラレたようだ。それを聞いて内心ほっとする自分がいた。

そうこうしてる間に、バレンタインデーが来た。クラブを終えて、帰宅する途中に彼女が居た。私の帰りを待っててくれたようだ。
チョコを貰った。
『じゃあね』
と走って去って行った。話したかったけど、追い付けないからアッサリ諦め、帰宅した。
チョコは手作り、『今度二人で遊びに行こうね』と書いてあった。すぐにS子の家に電話した。
その時から、S子は私の彼女になった。




16 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/27(土) 17:42:10 ID:ME29rViiO
中3、クラブ引退してからは、毎日一緒に帰宅した。秋に初めてキスした。初めてのキスの時は、まだ彼女のほうが背が高かったのを覚えてる。後に少し上回ったけど(私172、S子167)。
後は受験生だったこともあり、一度だけ映画を見に行ったくらいで、それ以上の発展は何も無かった。実はその頃、私はセックスを知らなかった。オナニは毎日してたけど、水着グラビアばかりだった。ホントにオクテ。



17 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/27(土) 17:44:22 ID:ME29rViiO
同じ高校に入り、私は帰宅部、彼女は合気道部に入った。バスケはかなり上手かったけど、
『バリバリの体育会系はもう嫌』
と言って、合気道を選んだらしい。

高校1年の梅雨時期のある日、彼女の家に誘われた。
何度か行ったこと有って、S子の母も父も兄も知ってたけど、誰も居ない日に誘われたのは初めてだった。
彼女の部屋に行き、お茶飲んで、彼女にキスした。
で、胸を揉んでみた。彼女は目を閉じて感じてる。

さて、ここからどうすれば良いか、高1になっても知らなかった。間抜けな私orz

S子は恥ずかしがりながら、服を脱いで下着姿になり、
「○○も脱いで」
と言った。言われた通りにバンツ1枚になった。



18 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/27(土) 17:46:09 ID:ME29rViiO
その後、二人で全裸になり、やさしく抱き合った。もう既にティンコはカチカチ。
「私も初めてだから、ちゃんと知らないけど…」
と言いながら、胸をやさしく揉んで舐めると気持ちいいこと、クリトリスをやさしく触ると濡れてくること、これからセックスすることを教えてもらった。
言われた通りやってみた。
筋肉質っぽいと思ってたら、胸も全身も女の子のやわらかさが有った。Cカップの胸をもみしだき、薄いブラウンの乳首を夢中で舐め回した。彼女の息が荒くなった。
クリを触ると彼女が感じてる。なんか凄い。暫くして、S子はくぐもった声でイった。
次はS子のさわる番らしい。緊張しまくった私は、彼女に言われた通り、ベッドに寝そべって、彼女に身を任せた。S子は、私のティンコを興味津々に見つめ、触りはじめた。
初めて女の子に触ってもらったけど、恐ろしく気持ちいい。気持ち良すぎて、10秒位でイってしまった恥ずかしい私。自分の胸に精子が飛び、一部は彼女の布団を汚してしまった。
「うわ、なんか凄い飛ぶね。気持ち良かった?」
と聞かれたけど、放心状態で答えられず、頷くだけだった。



19 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/27(土) 17:48:42 ID:ME29rViiO
で、いよいよ挿入。
なんか兄貴の部屋からくすねてきたらしいコンドームを二人で格闘しながら付けた。
しかし、お互い初めて。
私はビンビン、彼女もヌレヌレだったけど、なかなか入らない。30分くらい悪戦苦闘して、やっと少し挿入。S子はかなり痛かったようで、腕に力が入る。
「やめようか?」
「大丈夫!」
そのまま続行。
結局奥まで入れることができた。かなりキツい。彼女も痛かったようで、苦悶の表情をしている。私も、痛がる彼女を見てる内にだんだん萎えてきた。結局その日は、それで終わり。
血は出なかった。それで彼女は弁解してたけど、私はそんな情報すら知らなかったから、意味無いよね。



20 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/27(土) 17:52:10 ID:ME29rViiO
それからは、S子がクラブ休みで、家族が居なくなる毎週木曜日は、彼女の家でHしてた。
3回目くらいには彼女も慣れてきたようで、痛がる事は無くなった。
たまにホテルでもHしたけど、二人ともバイトしてないから、金が続かない。

S子はクリが感じやすく、触ってるとすぐに逝く。だいたい2~3分もクリクリしてると逝ってしまう。で、攻守交替になってしまう。ホテルでHするときは、アソコ以外の愛撫を丁寧に続け、最後にクリを触ると1分もかからない。
しかし、私もかなり早漏で、S子に挿入すると、ゴム付きでも3分以上我慢出来た事がほとんど無い。スポーツで鍛えてたからだろうか?よく濡れてよく締まる。手前も奥も痛くない程度に心地よく、特に腰を引くときに特に気持ちいい。



21 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/27(土) 17:53:39 ID:ME29rViiO
たまに生で入れたことが有ったけど、1分ぐらいしか我慢できない。
早いからホテルなら2回戦になるのだが、それでも3分もたない。
「お互い早漏だね」
とS子も私も笑ってたが、実は私はかなり悩んでた。何度か、
「俺みたいな早漏でいいのか?」
と聞いたことが有るけど、
「私で感じてくれるなら嬉しいかな」
といつも答えてくれてた。



22 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/27(土) 17:55:48 ID:ME29rViiO
高2になって、S子が、ジョアンナの愛し方と言う本を買ってきた。二人で読んだ。
「アソコの締め方を鍛えてみようかな?」
と笑ってた。
いやいや、ちょっと待て。これ以上気持ち良くなったら、また更に早くなって恥ずかしい。
「それでもいいよ」
と笑うS子。彼女が鍛えると言うとマジで恐い。一時期、ウエストの無駄肉が気になるとか言って、3ヵ月で(微妙に)腹筋割れを作った女だ。
「やりすぎたw」
いや、やりすぎたって。
前年から始めた合気道もかなりセンスが良いらしく、よく実験台にされ、今ではあっという間に腕を捻りあげられる。私が弱いんだがそれ以上に彼女は凄い。



23 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/27(土) 17:58:30 ID:ME29rViiO
次のホテルでのHの時、いつものようにこちらから前戯しようとすると、
「ちょっと待って。今日はマグロになってて」
と、タオルで目隠しをされ、1時間くらいティンコ以外全身を愛撫。お尻も舐められた。なすすべなく悶える私。
胸やアソコを触ろうとすると、
「ダメ!今日はマグロ」
と腕を押さえ付けられる。
延々焦らされてティンコは先走り出まくり。
まずはフェラで即逝き、その後おさまりがつかないティンコにコンドームを付けられて、女性上位に。キスしながらゆっくり腰を動かしはじめる。
さっき逝ったばかりなのにもう出そう。優しい腰使いにあっさり陥落して2分くらいだろうか、2度目の射精。



24 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/27(土) 18:01:35 ID:ME29rViiO
しかし、それだけでは彼女は満足せず、まだやろうと言う。そりゃそうだ。この日はこちらは全く前戯もさせてもらってないから。
それでも私のマグロ指定は解けず、ベッドに目隠しされながら、乳首やタマタマを愛撫される。その内勃ってきたので、目隠しを解いて今度はナマで挿入。
2度も逝って敏感なティンコにナマの快楽が襲い掛かる。今度は騎上位でさっきより激しい。
「ああぁ」
と、ショボい声しか出ない。その内3分くらいか、早くも逝きそうになる。
「逝きそう、ヤバい。」
でもS子は、動きを止めるどころか、腰を押しつけ締めはじめたみたい。さらに気持ち良くなった。
で、あとのことも考える余裕も全く無いまま、彼女の具合に我慢出来る筈もなく、初の中田氏。気持ち良かった。しかし落ち着いてみるとかなり恐い。罪悪感と後悔が渦巻いていたけど、彼女はあまり悩む風でもなく、
「今日はたぶん大丈夫!」
とアッサリしたもんだ。



25 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/27(土) 18:03:55 ID:ME29rViiO
結局その後も、シャワー浴びてから後1回半勃ちのまま襲われ、2時間半程で、口で1回、女性上位で1回、騎上位で1回、座位で1回抜かれてしまった。
なんか締め方もマスターしたらしい。入り口に本気で力を入れると痛いくらいだった。S子の凄さを思い知らされ、改めて惚れ直した。

結局、S子とは、私が大学、彼女が専門に入ってしばらくして別れることになった。お互いに、初めて付き合った相手、そして違う環境になり、違う世界を覗きたくなったのだと思う。



26 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/27(土) 18:06:17 ID:ME29rViiO
しかしその後、私には軽い悲劇が待っていた。
その後、二人はさんで今の嫁と結婚したのだが、そして、今の嫁とは性格の相性も体の相性も悪くないし、セックスも楽しいんだけど…、

アソコの具合は、S子に勝る女は居なかった。私が早漏ってわけじゃなくて、彼女が凄すぎたんだと、他の女とやって初めてわかった。後悔しても遅いんだけど。



27 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/27(土) 18:09:36 ID:ME29rViiO
先日のGW、小学校の同窓会があり、S子と会った。
そう遠くない近所なのに別れてから1度も会ったことが無く、約8年ぶりだった。年相応のいい女になってた。
二次会終わった後、二人で抜け出してバーで飲んだ。

根掘り葉掘り聞いてみた。私のことも正直に話した。
S子は、
「あれから4人と付き合ったがみんな早い。今の彼氏も早い。残念だったね。またやりたくなった?」
と笑ってた。
正直、軽く勃起してたけど、ぐっと我慢した。浮気する根性も嫁に隠し通す自信も無かったし、何より、今ハマったら抜け出せなくなりそうだったから。
S子はS子で、やはり私との付き合いは良かったらしい。今の彼氏より、いろんな面で私のほうが良いと言っていた。半分お世辞だろうけど。
「今の年齢で付き合っていたら、きっと上手く行っていたよね」と、S子は言った。
「初めての相手じゃなければ、S子の良さがもっとわかったのになぁ」
と、私も言った。
二人とも今が不幸だなんて思ってないけど、あの時に戻りたいとは正直思った。でも、もう戻らないんよね。

お互いに笑ってバイバイした。


28 :えっちな21禁さん :2006/05/27(土) 19:15:02 ID:mG3ILH2/O
乙。
なかなか読みやすい文章だったよ。
自分の中高生の頃の恋愛って恋に恋してるような短いのばっかで、同じ相手と何年もつきあうなんて体験ないんだよね。
だから羨ましくよんだよ。


29 :えっちな21禁さん :2006/05/27(土) 19:40:47 ID:zWOa+x2yO

Youハマっちゃいなよw


30 :えっちな21禁さん :2006/05/28(日) 10:47:59 ID:Q4m7YsRZO
名器女の話は萌える
是非お付き合いしてみたい


31 :えっちな21禁さん :2006/05/28(日) 14:12:39 ID:0d1BNtV10
もともと早漏の漏れにはキツいかも…


32 :えっちな21禁さん :2006/05/28(日) 15:47:01 ID:BMHwKxYuO
>>27
よかったよ!
その思い出大切にしろよ。


33 :えっちな21禁さん :2006/05/28(日) 22:33:23 ID:MZquJWOO0
http://1go.it/ktkr


34 :えっちな21禁さん :2006/05/29(月) 00:25:06 ID:GctTyi+uQ
>>26まで興奮状態で読んでいた。

だけど>>27を読み終わったら軽く泣きそうになった自分がいる。

いい話をありがとう。


35 :えっちな21禁さん :2006/05/29(月) 06:44:11 ID:DvH60mloO

いい話だった
そのまま浮気しないところがいいね


36 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/30(火) 15:25:06 ID:OmoVGR0XO
>>28-35
ありがとうございます。

軽い補足と後日談を
・結婚してなければ誘ってたと思う。結果はどうなったかわからないけど。
・別れた原因は、やっぱり倦怠期が乗り越えられなかっただけだと思う。当時はH以外の彼女と過ごしてる時間が楽しくない時期があった。若かったんだろうな。
・彼女のお陰で、受け身のHの快楽を覚えてしまった。でも、嫁以外には希望を直接口に出せなかったけど。
・大学で付き合った二人目の彼女は、貧乳尻大だが、過去の彼女中で一番可愛かった。見た目は自慢できるレベルだった。
しかし驚くほど緩かった。ゴム付きではHでイケなかった。
極度のヤキモチ焼きで、少し恐かった。2年付き合って結局フラレた形になったが、息苦しかったので正直ほっとした。ドラマも何も無い。




37 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/30(火) 15:27:43 ID:OmoVGR0XO
以下スレ違いだけど、
・社会人になってから付き合った三人目の彼女は、細身でスタイルも性格も良く、顔もまぁまぁ可愛かった。
Hが好きな娘で、最中はかなり積極的。昼は淑女夜は娼婦っぽい感じ。
ただ、後でわかったんだけど、一家揃って某宗教団体に入ってたので、すっぱり諦めた。
少し未練が残った。

・今の嫁は、顔はまあ普通に可愛い。背が低く下半身は華奢で、上半身はしっかりしてて超巨乳。気配りは凄く性格は抜群。よい嫁を貰ったと思う。
カンが鋭く、空気を察するのがかなり早く、一緒の時はかなり助けられた。去年長男出産。
ちなみに、鋭さはHの時にも遺憾なく発揮され、たくさんの性感帯を開発されてしまった。お陰で嫁には普段でもHでも頭が上がりません。




38 : ◆hze/hnAeiM :2006/05/30(火) 15:29:15 ID:OmoVGR0XO
さて、この嫁に…、
同窓会の話をゲロさせられましたよ。
昔の彼女が居た事、二人で飲みに行ったこと。具合の話以外はすべてゲロしました。後で辻褄があわなくなると恐いから。その日は和気あいあいと話してそれで終わったんだけど…、

次のHが凄かった。
いつになく激しく、勃たなくなるまで搾り取られた。
で、落ち着いて一言、
「浮気したら即離婚だからね…」
やはり妬いてたのか。
恐いから浮気なんて無理。一生この嫁を大事にしようと心に誓った。


39 :えっちな21禁さん :2006/05/30(火) 22:38:36 ID:hHKlsJp90
>>38
頭が上がらないと言うか、亀の頭が上がりっぱなしなんじゃないかと。
最初の彼女と今の奥さん、いい出会いで羨ましいよ。


40 :えっちな21禁さん :2006/06/01(木) 00:38:27 ID:Pj95Ngau0
http://urlcutter.com?5426


41 :a:2006/06/04(日) 22:31:01 ID:qtNVk1id0
危険日と安全日って何ですか?



42 :えっちな21禁さん :2006/06/04(日) 22:39:55 ID:BSYyIm4I0
21歳未満は来てはいけません


43 :えっちな21禁さん :2006/06/06(火) 16:05:24 ID:2SA63cKu0
http://0rz.net/e81kD


44 :a:2006/06/07(水) 22:54:48 ID:hmOJ6/EF0
セックス セックゥ


45 :えっちな21禁さん :2006/06/08(木) 15:46:53 ID:WSawAlQL0
http://sakura999.blog45.fc2.com/
えっちなブログネタ


46 :a:2006/06/19(月) 21:26:27 ID:DZasrgVW0
sss


47 :えっちな21禁さん :2006/06/20(火) 00:20:02 ID:Eu6WRjVhO
彼女と放課後のだれもいない教室でやってました。誰もいないということで彼女は声を出しまくってました。バックで攻めていていく瞬間に…


48 :えっちな21禁さん :2006/06/20(火) 00:22:36 ID:Eu6WRjVhO
友達がドアをガラッと開けて入ってきました。
「うわっ!!失礼しました!!」と急いで逃げていきました。
なんで敬語なんだろ?


49 :えっちな21禁さん :2006/06/20(火) 01:20:36 ID:Vz7SstIV0
中学生2年のときの話。
うちの学校って学校の近所の風景を描く写生会ってのがあって
俺はたまたまクラスの中心的女子グループと近いとこで絵を描くことになった。
で、なんだかエロい話になって何故だかティンコ見せろ~ということになって
俺まだティン毛チョロチョロだったから恥ずかしくてすんげぇ抵抗したけど
パンツ下ろされて見られて集団手コキの刑に処された。
出た。ドクドク出た。
お礼ねとみんなのマン毛みせてもらったけど
みんなボウボウでorzだった。


50 :えっちな21禁さん :2006/06/20(火) 01:24:22 ID:6tRlL/gQO
大学のときはテレクラでたくさん いい思いしたなあ。携帯の出会い系よりはリスクが少なかった気がする。今でもテレクラ行ってるヤシているの?


51 :えっちな21禁さん :2006/06/20(火) 01:37:51 ID:585D6dJvO
>>48
敬語ワロスw


52 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:46:32 ID:hl0HIW7L0
僕はバックが大好きです。三度の飯より大好きです。
女の子の大きくて柔らかいムッチリとしたお尻の肉を自分の下腹部にパンパン当てるのが大好きです。
だから今まで僕が付き合ってきた女の子やナンパしてゲトした女の子は漏れなく初日からバックで
パンパンしてました。嫌がる子も居ましたが半ば強引にした事も多々あります。
ハイ女心など全く意識したことなどありません。傍若無人に女の子を扱っていました。
そんなある日の事です。某有名私立大に在籍する友人から電話がありました。
合コンを企画したけど突然欠員が出たから数合わせで来ないか?と言うのです。
相手の大学名は伏せますが○室御用達の有名私立大学です。
正直僕は引きました。だって僕は三流大生なのです。どう考えたってバランスが取れません。


53 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:47:13 ID:hl0HIW7L0
相手が僕の学歴を知って落胆するのは明白です。当然僕は拒否しました。
まあ彼女と別れたばかりの僕でしたから後ろ髪を引かれる部分はありましたが。
しかし友達は執拗に食い下がります。「絶対に嫌な思いはさせないから任せろ!」と言うのです。
しばらく「いかね!」「出てこいや!」の繰り返しでしたが、とうとう僕は根負けしてしまいました。
「浮いたらすぐ帰るからな!」と念を押して了承してしまったのです。
そして当日です。気の乗らない僕は直前までドタキャンする理由を探していましたが
結局行く事にしてしまいました。土壇場で友達を裏切るのはいくら何でもはばかられたからです。
その代わりもし浮いたら思いっきり後で責めてやるつもりでした。「オシャレはしてくるなよ、
ラフな格好でイイから」と言う友達の要請で僕はTシャツにジーンズという極めて普段着な格好で
行きました。ソワソワしてるからでしょうか、現地に30分ぐらい前に着いてしまいました。


54 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:47:46 ID:hl0HIW7L0
そんなに早くに着いてもがっついているようで嫌なのでちょっと離れた所で様子を伺い
みんなが集まってるのを確認してから行く事にしました。
5分ぐらい前になってからでしょうか、明らかにそれと分かる人達がポツポツと集まりだします。
僕はちょっと緊張してきました。構えた気持ちになってるからかもしれませんが遠目に見ても
みんな聡明そうに見えて仕方がないのです。約束の時間丁度になって友達が到着したのが見えました。
僕はそれでもまだどうするか躊躇していました。友達が携帯をかけているのが見えます。
同時に僕の携帯が鳴りました。相手は友達です。「どこに居るんだ?」と聞いてきたので
「すぐ近くまでちょっと来てるから待ってて」と言って仕方が無く集合場所に行きました。
見るとやっぱり女の子の顔つきが違います。脳に知能が詰まってるか否かは表情に宿るんですね。
ウチのバカ学生共とは雲泥の差でした。(やっぱやめときゃよかった・・・)


55 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:48:16 ID:hl0HIW7L0
落ちこぼれの僕は思いました。それでもそれぞれ自己紹介が始まります。
みんな堂々と大学名を明かしていきます。(あ?僕もそちら側に行きたい・・・)つくづく思いました。
しかし僕の番です。当然言わないわけにいかないので大学名を明かしました。
でもやっぱり聡明な人達は人間ができてますね、心で何かを思ったとしても全然表情には出さず笑顔で
迎えてくれました。ちょっとホッとしました。でもその中に僕以上に浮いてる子が居たのです。
いや、浮いてるという言葉が的確かは解りませんが、明らかに雰囲気が違うのです。
僕の語彙力では上手く表現できません。ルックスは極めて良いです。真っ白な肌に長くて黒い髪の女の子でした。清楚という言葉が一番近いのかもしれません。が、ちょっと時代錯誤な清楚というか・・・
前時代的な雰囲気がするのです。昭和初期の臭いとでも言いますか・・・。
上は白系のブラウスだったと記憶しています。


56 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:48:46 ID:hl0HIW7L0
清楚さとは裏腹にブラウスから浮かぶ豊かな乳房が印象的でした。
そして下は濃いブルー系の長めのスカート。花柄だったかもしれません。そしてクリーム色の帽子・・・。
その帽子が、そう思わせたのかもしれませんが明きからに世間知らずというか世の中を
あんまり知らないなあという雰囲気を醸し出しているのです。
挨拶が終わると、とりあえず所定の店に行き乾杯をしてそれぞれお気に入りの子と話が始まりました。
あ?なるほど・・・こういう事か・・・。この時初めて友達を誘った意図が分かりました。
要するに浮いてるこの子のお守り役として僕はあてがわれたのです。
彼女の席はちょうど僕の真ん前・・・。対面です。でもやはりとても綺麗な女の子でした。


57 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:50:00 ID:hl0HIW7L0
計画された事とは言え悪い気はしません。世間知らずなお嬢様とは言えこれほどの美貌の持ち主は
そうは居ないでしょう。(悪い思いはさせないから)友人の言葉は本当だったんだなあと思いました。
「ご、ごめんなさい・・・私、男の方とこうして話すの初めてなので上手く話せないかもしれません」
と僕に言ってきました。「誰だって最初は初めてなんですから気にしなくていいんですよ」と
ちょっと僕は偉そうに言いました。何だか劣等感がある者同士ホッとした気持ちもあり
意外と話がはずみました。彼女は代々開業医を営んでいる家系の娘さんらしいです。
やっぱりいいとこのお嬢様でした。変に世間ズレしてない所が僕的には逆に萌えポイントで
どんどん好きになっていきます。僕のほとんど内輪受けの話でも興味深そうに目をキラキラ
光らせて聞いてくれました。ただ冗談を言っても真に受けてしま事が多々あり、このへんが
ちょっと避けられちゃってる理由だったのかもしれません。


58 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:50:36 ID:hl0HIW7L0
でも正直僕が付き合ってきた女の子達は世間ズレしてる子ばっかりだったので
逆に新鮮だったのかもしれません。もの凄く惹かれていくのが自分でも分かります。
もう話せば話すほど凄く好きになっていきました。もうどうしようもないぐらい。
彼女と真剣に付き合いたいと時間が経つにつれて強く思うようになっていきました。
僕はいままで真剣に好きになった事もなく女の子と付き合ってたんだなぁとこの時初めて思いました。
しかし、楽しい時間ほど経つのが早いもの、もうそろそろお開きの時間です。
僕はやるせないような切ない気持ちで凄くドキドキドキドキしてました。
店の時計の針が進むのが気になってしょうがありません。
限られた時間制限の中で何とか彼女との関係を繋ぎ止めたい・・・。そう思っいました。


59 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:51:17 ID:hl0HIW7L0
しかしこれまで付き合ってきた大して好きでもない女の子にはスラスラと言えたクドき文句も全く
出てきません。(あ?遅ればせながら僕は初めて恋をしてるんだなあ)とこの時思いました。
そしてとうとうお開きです。
(別れたくない!)(別れたくない!)と思えば思うほど口から出てこない(好きだ)という言葉。
そんな僕の気持ちなど知る由もなく彼女は相変わらずの清楚な笑顔で僕に話しかけてきます。
とっても可愛いえくぼを浮かべながら。
でも、何とも情けない事に僕は彼女の携帯番号すら聞けないのです。自分でも驚きでした。
今まで平然と付き合った女と初日にバックでパン!パン!いわせてた僕がですよ?信じられませんでした。
恐ろしく遅い初恋に翻弄されるだけの超情けない僕でした。しかし残酷にもとうとうお開きの時間です。


60 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:51:49 ID:hl0HIW7L0
何も言えぬまま皆と一緒に店を出ました。(思いを伝えなくては!)と思うのですが
いまだに声が出ません。どうでもいい世間話ならスラスラと出るのですがどうしても言葉が詰まるのです。
そして散会。
みんなそれぞれの沿線に分かれるときです。彼女は同じ沿線の友達と去ろうと歩き出しました。
僕はとうとう我慢できず彼女を追いかけ後ろから彼女の手を掴みました。
感情が優先しほとんど何も考えてません。「な、なにか?」と彼女。
大きな目をパチクリしています。「あ、あの・・・ちょっとだけ時間いいかな・・」僕はうわずった声で
シドロモドロに言いました。「はぁ・・・」彼女意味が分からずキョトンとしています。
意味を察した女友達はニヤニヤしながら「じゃ先に行ってるね!」と言って気を利かせてくれました。
僕はちょっと人目につかない所に彼女を連れていきました。


61 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:52:23 ID:hl0HIW7L0
まー繁華街なのでどこでも人目に付くのですが。「何でしょうか?」多分コクられた事も
コクった事も無いのでしょう、ここに至っても彼女は僕が何を言おうとしてるのか
全く分からないようなのです。「僕、○さんが好きになっちゃったみたいです。
もし良かったら付き合ってくれませんか?」と僕はとうとうコクってしまいました。
(あ?!言っちゃった!言っちゃった!どうしよ?!?)僕の頭は完全にテンパってます。
上流階級の子に対するコクり方というのが今一分からず変な日本語だったかもしれません。
「えぇ!?まぁ・・・どうしましょう・・・えぇ!?」彼女口に手を当てとても驚いているご様子です。
「ぼ、僕じゃ駄目ですか?」と僕。
(あぁこんな自虐的な言葉を僕が吐こうとは!)思いもよりませんでした。
でも言っててとても心地良かったのを覚えてます。清々しくさえありました。


62 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:53:28 ID:hl0HIW7L0
「駄目だなんてそんな・・・そんな風におっしゃらないでください」と彼女。
「じゃ付き合ってくれますか?」僕は必死に聞きました。
胸が緊張で締め付けられお腹がギュンギュン痛みます。
ほんの数秒間返事を待つ時間がとても長く感じられました。
ちょっと受検結果を見に行った時の気持ちと似ているかもしれません。
あれよりよっぽど緊張しましたが・・・。
(あ?僕は今まで恋愛ごっこをしてたんだなあ)とつくづく思いました。
もう心臓が口から飛び出んばかりの緊張と興奮です。
「えっと、私そんな事言われた事ないから・・・どうしましょう。
あの、お付き合いってどうすれば良いんでしょうか?一般的に・・・」と彼女。


63 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:54:02 ID:hl0HIW7L0
さすがの僕もズルっとコケかかりました。ま、まさかそこまでとは・・・。
「えぇっと・・・最初はやっぱり映画見たり遊園地行ったりとか・・・」自分が初めて女の子と
付き合いだした頃の事を必死に思い出いだします。確かそんな感じだったと思うのですが・・・。
「いいですね、行きましょう!映画!行きましょう!遊園地!」彼女が
目をキラキラさせて僕の手を取りました。「じゃ、つ、付き合ってくれるのかな?」と念を押す僕。
「はい!喜んで!」屈託のない笑顔で彼女が言いました。後々知ったのですが、彼女には二人お兄さんが
居るのですが彼女は末娘でかなり後になってできた子だそうです。
それ故に随分箱入りに育てられてしまったみたいです。(これはまずい)と気付いた父親が
彼女の友達に頼んで合コンに誘ってもらったらしいです。いわば社会勉強みたいなものでしょう。


64 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:54:36 ID:hl0HIW7L0
それから僕は夢の様な日々を過ごしました。率直に普通のHなしのデートがこんなにトキメクものとは
思いもよりませんでした。バックでパンパンさせて喜んでた頃がとても下らなく思いました。
付き合いだして三ヶ月ぐらいした頃でしょうか?
もうそろそろ良いかな?と思い、僕は一緒にビデオを見ようと彼女を自分のアパートに誘いました。
狭くて驚くかと思いましたが「楽しそう!」と言って興味津々のようです。
というか彼女は見るモノ一つ一つが新鮮に映るようでした。
門限が厳しく午後6時には帰宅しなければならなかったようで
篭の中の小鳥が篭から出された心境なのかもしれません。
ビデオを見てるうちにどんどん時間が過ぎていきました。そして夕暮れ時です・・・。
明りもつけず薄暗くなった小部屋で僕は彼女の肩をさりげなく抱きました。


65 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:55:07 ID:hl0HIW7L0
ちなみに僕たちはまだキスさえしてません。
彼女ピクンと反応しましたがチラと僕を見ただけでまたTVモニターを見ています。
僕は少しずつ彼女を自分の方へたぐり寄せていきました・・・。
少しずつ僕の方へ彼女の体が傾いていき最後にコテっと僕の肩に頭を預けてくれました。
率直に凄い嬉しかったです!頭の中で何発も花火が上がりました。
一つステージが上がったそんな感じでした。
しばらく時間を置いて僕は彼女に顔を近づけていきます・・・。改めて見ると本当に綺麗な女の子です。
僕には過ぎた女の子だと思いました。彼女目を瞑りました。
(やったー!キスOKキター!)ヒュー!ババーン!バーン!脳内で大型花火連発です!
睫毛が長いなぁと改めて思いました。目尻の下のホクロがチャーミングです。
僕は興奮を抑え、なるべく鼻息を整えつつ唇を重ねていきました・・・。


66 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:55:41 ID:hl0HIW7L0
あぁもうバカ女のセクースなんか、この子のキスに比べたら屁みたいなもんです。
プー!っとかましてやりたい気分でした。しばらく唇を重ね慣れてきたら少しずつ彼女の唇の感触を
味わっていきました。とても柔らかかったですハイ。彼女もモニュモニュとおぼつかない感じで僕の唇を
味わってるようです。さて、この後どうするか?です。率直に悩みました。今日はキスでやめておくか
胸まで触りにいくか・・・です。本当にこれには悩みました。でも興奮するとやっぱり僕は男です。
本能には勝てません。決断する前に勝手に手が彼女の豊かな乳房まで下りていってしまったのです。
そしてモミモミモミと清楚な乳房を何度も揉みました・・・。それでも彼女は強く抵抗しませんでした。
そうなるともう本能は止められません。僕は彼女のブラウスのボタンを外しにかかりました。
ボタンを全部外し終わり彼女の白いブラが露わになった時、初めて彼女は
「あ、あの・・・こわいです・・・私こういうの初めてなので・・・・ごめんなさい」と言いました。


67 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:56:14 ID:hl0HIW7L0
ちょっと涙目でした。僕は後悔しました。ちょっと先走りすぎたようです。
「大丈夫。じゃあ慣れるまでは裸で抱き合うだけにしよう。それなら怖くないでしょ?」と
僕は極力ガッツイてる印象を持たれないよう落ち着いた声で言いました。
「は、はい!はい!それなら怖くないです」彼女も同意してくれました。
僕は服を脱ぐと同時に彼女も服を脱ぎだします。夕日に照らされた彼女の裸体が真っ赤に染まってました。
とても綺麗だったので今も忘れられません。想像通りの豊かな乳房でした。
下の毛は眉毛が濃いので濃いめを想像していましたがそれほどでもありません。
範囲も狭めでした。僕は布団の上に彼女を寝かせるとゆっくり自分の体を重ねていきました。
恐がられないように頭をいい子いい子して落ち着かせまました。彼女の温もりが直に伝わります・・・。


68 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:57:00 ID:hl0HIW7L0
柔らかい彼女の乳房が僕の胸に潰されるとムニャ・・・という感触が残りました。
「あぁ・・・温かいです・・・何か幸せです・・・・私・・・」彼女が言いました。
この言葉に猛烈に嬉しくなった僕は堪らず彼女にキスをしました。
ゆっくり舌を入れ彼女の口内を味わいます・・・。極力下品にならないよう努めました。
(可愛いよ?超可愛いよ?)もうずっとそんな気持ちで一杯です。
ひとしきりキスをするとゆっくりと彼女の首筋に舌を這わせていきます。
ペロ?ンと大きく舐めたりチロチロとしたりすると「はふぅぅ・・・はぁ・・・アッアッ・・・」と
敏感に反応しています。そして豊満な乳房を揉み上げると乳首をチロチロと舐めていきました。
「ハァハァハァ・・・アッ ・・・アァ・・・」荒い息にかすかな喘ぎ声が交じっています。


69 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:57:31 ID:hl0HIW7L0
誰にも教わらなくてもちゃんと女の子の声を出せるんだなと感動した記憶があります。
そしてヘソ付近まで舌を這わせていきました。もう少しで彼女の茂みまで届こうかという時
「だ!だめです!そ、そこは駄目です!」と言って脚を閉じてしまいました。「何で?」と
僕は当たり前の事だという風に彼女に聞きました。「だっだって汚いじゃないですか・・・」と
彼女恥じらっています。「僕の舌がですか?」と僕はトボけて聞きました。
「違いますよ、私の・・・だってお風呂にも入ってないんですよ?」と彼女。
さすがにオマ○コとは言いませんでしたね残念ながら。
「僕なら全然平気。好きな子のならどんなに汚くても舐めるのが男のマナーなんだよ?。
舐めないのは愛情が足りない証拠なんだよ?」


70 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:58:02 ID:hl0HIW7L0
彼女の男知識の薄さを突いてもっともらしい嘘を言う僕でした。
「え?え?そうなんですか?えぇ?・・・でも・・・でも・・・あぁ・・・
恥ずかしいし・・・どうしたらいいのかしら・・・」恥じらいながら躊躇する彼女・・・。
僕は構わず彼女の脚を開くとその部分に顔を埋めていきました。
まずペロ?ンと縦の割れ目に沿って舌を這わせゆっくりと内壁を舐めていきます。
「あぅぅ・・・そんな・・・あぁ・・そんなところを・・・あぁ駄目ですよ・・・あぅぅ」と
彼女敏感に反応しながらムッチリとした太股で僕の頭を挟みます。
まだ誰の侵入も許した事のない彼女の膣(なか)・・・。
舌を尖らせゆっくりとミチミチ侵攻させていきました。
「あぁん!・・・どうしましょう・・・どうしましょう私・・・」


71 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 16:58:33 ID:hl0HIW7L0
彼女の反応を見るとどうやら痛さは無いようです。
舌先ゆっくりで膣内の堅さをほぐしていき、いくらか柔軟さを増したところでチロチロと舌を膣奥で
かき回していきました。「あはぁん!いやぁ!・・・いやぁいやぁ!・・・どうにかなっちゃいます私・・・
あぁん・・・助けてママ・・・」スラッと長い彼女のスネが僕の耳元でバタバタ暴れています。
もちろんやめるわけはありません。僕は割れ目の先端のポチっとしたクリを中指でシコシコと撫でて
いきました。「あぁ!あっ!そ!それ何ですか!?何ですかそれ!?も、もう・・・私・・・あぁん!
あん!あっあっ」自分の性器にこんな敏感な機能が備わってるとも知らなかった彼女、堪らず体を
仰け反らせています。感度がいいのかブルブルと彼女のムッチリとした白い太股が震えていました・・・。
ネットリとした分泌液が舐めとっても舐めとっても潤沢に溢れ出てきました。


72 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 17:04:00 ID:hl0HIW7L0
とうとう下の窄まりを伝ってシーツに流れ落ちポツポツと跡になっています。
ひとしきりクンニを済ませると僕は再び彼女の体に自らの体を重ねていきました。
重ねると、さっきまで感じなかった彼女の鼓動が伝わってきます。ドクン!ドクン!と凄い勢いでした。
ハァハァハァと荒い息づかい。彼女の生温い吐息が顔にかかります。生暖かいとても心地良い風でした。
しばらく目を瞑っていた彼女がパチっと目を開け「や、やっぱりできるかもしれないです・・・私・・」
と言ってトロンとした目で僕を見つめています。お言葉に甘えそのまま腰を入れゆっくりと漲った一物を
入口に合わせていきます。ヌメヌメした入口が先端にひっかかりました・・・。
ぐっと僕は腰を入れました。「あ!あぁ!」僕にしがみつき彼女が体を強張らせます。
「怖くなったら言ってね?止めるから」と僕は優しく声をかけました。


73 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 17:04:42 ID:hl0HIW7L0
見ると健気に彼女の額から大粒の汗が湧き出ています。
「大丈夫です!大丈夫ですから・・・いつか赤ちゃん産むのにこんな事ぐらいで・・・」
そんな事を彼女が口走ったのを覚えています。脚を僕の腰に絡め自ら挿入を容易にしようと
協力してくれています。僕はミリミリと誰も侵入した事のない膣奥へと一物を侵入させていきました。
中はとても熱くぬくもっています。とうとう一番奥へ達した時彼女は上半身をブルブルっと震わせ
伸び上がりました。「全部入りましたよ・・・」と僕は彼女にゴールを告げました。
彼女「はい」と言うと目を瞑りながら満足そうな笑みを漏らしました。
それが彼女との初めてのセックスです。
それからは僕のアパートでで合う度に毎回セックスをしました。


74 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 17:05:17 ID:hl0HIW7L0
彼女もセックスが嫌いではないようでした。愛撫やクンニをするととても喜んでくれました。
しかしもう当たり前のようにセックスをするようになると、やはり地の性癖が頭をもたげるものです。
どうしても清楚で無垢な彼女には言えない事があります。本当はやっぱりバックでしたいのです。
とてもとてもしたいのです。しかし屈託のない彼女の笑顔を見てるとどうしても言い出せません。
もちろん僕はいまだにクンニはしてもフェラすら要求した事はありません。
多分頼めばしてくれるとは思いますが。彼女を汚してしまうようで嫌なのです。
でもバックだけはしたいのです。どうしても。
これは産まれ持った先天的な性癖なのでどうしようもありません。
彼女がセックスに慣れセックスが気持ちよくなればなるほどバックへの願望が募るのです。


75 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 17:06:01 ID:hl0HIW7L0
これはもうどうしようもありませんでした。これまで嫌がる女の子にも強要してたくせに変だとは
思いますが本当に好きな子とする時は相手への気遣いが生じるという事を
恥ずかしながら僕は初めて知ったのです。いろいろ試してはみました。
彼女が横たわってる時、そうっと背後にまわり横抱きにして入口に一物をもっていこうとした事も
あります。うつ伏せになったところを覆いかぶさり、さりげなく挿入しようとした事もありました。
しかしその都度彼女は僕が何をしようとしているのか分からず僕の方に振り返ってしまうのです。
彼女に怪訝そうな表情をされると、もう僕には強引にトライする気持ちにはとてもなれませんでした。
そして翌年の夏を迎えたある日の事です、どうしても口で言えない僕は一度正常位でした後、
またさりげなく横たわる彼女の背後に回りました。


76 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 17:06:45 ID:hl0HIW7L0
そして首筋から背中にかけてをゆっくりと愛撫していきました。
二回戦をするのかと思った彼女はいつものようにこっちを向こうとしてきます・・・。
僕は彼女の脇の下に手を差し込みそれを許しません。そして肩胛骨や腰骨のヘコミにペロペロと
舌を這わせていきます・・・。
ビクン!ビクン!と過敏に反応する彼女は、こっちを向きたがってしょうがありません。
でも僕はそれを固辞しました。率直に彼女は僕がどうしたいのか戸惑ってるようです。
そして彼女の腰から手を回すとゆっくりと背後からお尻を持ち上げていきました。
一見スレンダーに見える彼女ですが着くべきとこにはしっかりお肉が着いています。
お尻から腰回りにかけてはムッチリと柔らかそうなお肉が着いていました。


77 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 17:07:20 ID:hl0HIW7L0
四つん這い状態になった彼女はとても戸惑っている様子です。困った顔でモジモジしていました。
おそらくこんな体位がある事を彼女は全く知らないのでしょう。幼少の頃などに
犬や猫の交尾を見ていれば教えられずともそういうしかたがあるんだと分かったかもしれませんが。
おそらくそういった自然に得るべき知識が極めて薄弱だったと思われました。
(頼むー!拒否しないでくれー!)そんな気持ちでした。
僕は自分の下腹部に彼女のムッチリとしたお尻を手繰り寄せていきます。
そこまできてはじめてこの体位の意味するところを知ったようでした。何と彼女、自ら頭を下げお尻を
僕に預けてくれたのです。率直に僕は泣きそうになりました。鼻がツンとしたのを覚えています。
清楚な菊門の下で僕の一物を待ちわびてネットリと入口を濡らしながら割れ目が光っていました。


78 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 17:08:03 ID:hl0HIW7L0
僕はゆっくりヌゥゥ・・・っと彼女の中へと入っていきました。下腹部にあたる彼女のお尻の肉・・・
たまりません!。ゆっくり一物をかき回し中の感触を味わいます。乱れる彼女の黒髪が健気でした。
しかしいつものようにパンパン!など傍若無人な音をたてたりはしません。
しっかりとお尻の肉を引き寄せ僕の下腹部でその柔らかさを味わいました。
透き通るように真っ白なお尻です。青い血管がうっすらと透けて見えるようでした。
そして味わい尽くすと薄いゴムの中にビュウビュウと精液を吐き出していきました。


79 : ◆W/gSwczTMg :2006/06/21(水) 17:08:37 ID:hl0HIW7L0
事が終わると彼女「あぁ、こういうし方もあるんですね・・・」と言っていました。
「人間以外の動物は大抵こうするんだよね」と僕はバックを正当化するように言いました。
ところで僕は何と彼女とバックでするのに付き合ってから一年以上も要してしまったのです。
あぁ好きになるってエネルギーが要るんだなと思う今日この頃です。
それが僕と彼女の初めてとバック体験でした。


80 :えっちな21禁さん :2006/06/21(水) 17:15:48 ID:OkVp5HtD0
そんなにバックって嫌がられるもの?
俺フツーに毎回バックはするけど。


81 :えっちな21禁さん :2006/06/21(水) 20:59:30 ID:Bn7eJ4+e0
あれ?
続きは?


82 :えっちな21禁さん :2006/06/22(木) 00:59:19 ID:d3e6Z+wG0
>>53-79
乙!文才あるね。
なんとなく『斜陽』を思い出した。


2chスレ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://pottin2.blog84.fc2.com/tb.php/175-52fb1e1d

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。